Day3

【7日間の脱ガリガリ集中講座】 Day3

 

根性なし
メンタル貧弱
継続力なし
自信なし


恐怖症持ちのガリガリが

身体を変えたら
自信がついて

経営者に…!?


2ヶ月で8kg増やして
細マッチョになったときに
具体的にやったことを解説します!

 

 

Jason@脱ガリガリコーチ
Jason@脱ガリガリコーチ

脱ガリガリ集中講座3日目です!


今日も限定ブログ読んでいただき

ありがとうございます!

昨日はなぜ身体が変わらないのか
またどうすれば身体を変えていけるのか
ついて書きました!


今日の限定ブログでは

僕がどのようにして
身体を変えてきたのか?

また身体が変わったことで
どのように人生が変わったのか
お伝えしたいと思います!

最近ではありがたいことに
インスタグラムのフォロワー様も1万人を超えて
「Jasonさんは本当にすごいですね!」と
言われることもあります。

 

しかし実際には僕もみなさんと同じ
スタート地点から始まりました。
なんならもっと低い位置にいたと思います。

✔︎ メンタルは弱い
✔︎ 何事も続かない
✔︎ そもそも少食で胃下垂
✔︎ すぐ言い訳して逃げる etc,,,,

 


しかしこんなダメダメな自分ですら
身体を変えることができました!


絶対にあなたでも変われます。



今日の記事はあなたでも身体を変えられる
そして身体を変えたら人生単位で
変化が出てきます。




具体的には



✔︎ 自身に満ち溢れる
✔︎ 自分にできないことはない
✔︎ 周りは周りで自分は自分という考え方
✔︎ 小さいことで悩まなくなる




などなど挙げだすと
キリがありません。


身体を変えて
得をしても損することは
何一つもありません
でした!


今日はメンタル最弱で継続力なく
根性もなかった僕が
どのように身体を変えていったのか
その方法をお伝えします!


食べるのが嫌いになった幼少期

 


さかのぼること約20年…

 

6歳の時のJason

 

小1のときに野球を始めたJason少年は
早生まれということもあり
身体も身長も小さく学校でも
最初から最後まで背の順で前から2番目。

野球チームの親御さん達からは
「おチビちゃん」と呼ばれて
かわいがられてました。
(これも結構不服でした。笑)

とはいえ、野球をする上で
身体は大きくしたほうが有利ということで
僕の親は必死になって
身体を大きくしようと思っていました。

そして今思い返すと
これが食事が嫌いになりガリガリになった原因
だったなと思う出来事がありました。

それは小2くらいの頃に
身体作りの一環として
親に無理やりご飯を食べさせられ始めた
ことです。

それが「食べ終わるまで机から動くな!」
なんとも根性論の指導…

毎日のように食べ終わらずに
2時間くらい食卓から動けず
かなりのストレスになっていました。
(今思うとなんの拷問だこれは)

そんなことが続き食べることが恐怖に変わり
最後には小学校の給食すらも
食べられなくなりました。


学校でも担任の先生から
「なんで食べられないんだ!甘えるな!」と
居残りで食べさされる毎日。

今思い返しても毎日、給食の時間が
憂鬱で仕方なくて
何も楽しめませんでした…

最近調べてわかったことですが
これは「会食恐怖症」という
神経症の一種でした。

症状は人によるみたいですが
ストレスのかかる状況下での食事すると
吐き気やめまいがしたり
動悸が止まらなくなったりします。

かなりマイナーな病気なので
精神科医の方でも知らない人がいるようです。

僕の場合は今では会食恐怖症はほぼ解消され
食事も昔よりがだいぶ好きになりましたが
当時はなぜ自分がこんなにも食べられないのか
不思議でどうして良いのかわかりませんでした…

こんな感じで小学校の頃は
精神的に非常に弱く
プレッシャーに弱いタイプの人間でした。

 

ガリガリをいじられ続けた中学・高校

 


小学生の時よりはマシでしたが

中高でも食べることは
そこまで好きではなく

ガリガリでした。


野球を続けていて
どれだけ頑張っても打てずに
ずっと守備要員。


小1からやっていたので
歴は長いのにレギュラーに
なれなかった
のが
かなり悔しかったです。


「体重さえ増やせれば…」

 

ずっとこのように思いながら
僕の野球人生は幕をおろしました。

 

身体を変えるきっかけになった大学時代


大学生になっても

相変わらずガリガリでした。

中学最後までは小さかった僕ですが
高校生の頃に急に成長期が来て
縦にだけ伸びてしまった結果
余計にもやし体型が目立ってしまいました…


高校までもガリガリは嫌でしたが
大学になりおしゃれや
周りの目を気にするようになり
始めてガリガリなのが余計に気になるように…


特に夏場に
「ガリガリやん!」
「ちゃんとご飯食べてる?」
「ヒョロガリ!」
と周りからバカにされるのがすごく嫌でした。


特に女性から言われる
「私より細い…」
「蹴ったら折れそう…」
「頼りない…」

このような言葉の精神的ダメージは
圧倒的でした…

ガリガリ時代のJason
ガリガリ時代のJason
見た目が弱々しい…
周りの目が気になる…
もっと堂々としたい…
自信をつけたい…

 

 


絶対にこんな情けない自分を
変えてやる!

 

 
決意してトレーニング開始!

 

しかし、全然変われない…



変わろうと決意したものの

何からやっていいかわからない…

ネットで調べても
太るためのいい方法が
なかなか出てこない…

とにかく食べる量を増やそうと
毎日の食事でご飯を大盛りにして
限界まで食べる。

しかし
すぐに吐きそうになったり
食べても食べても
便として排出されてしまう…

食べたものが身体に
吸収されているのか
ずっと疑問でした。

そこまでやって
体重計に乗っても
全然体重変わってない…

食事でダメなら筋トレだ!と思って
腕立て、腹筋、ダンベルで腕のトレーニングを
ちょっとやってみたり…

プロテインも
あまり好きではないけど
我慢して飲んでみたり…

ちょっと期待しながら
体重計に乗ってみたら
「減っている…」


絶望的…



こんなしんどい思いをしてやって
成果が出ないどころか
逆にもっとガリガリになっている…


これが遺伝の壁なのか…



自分は絶対に変われないんだ。

遺伝だから仕方ない。

 

自分は一生ガリガリなんだな…



そんなこんなで

もう半分諦めていました。


 

そんな時に身体を
変えるきっかけが…!


 

もうほぼ諦めていた僕でしたが
大学の授業でたまたま
ガリガリから細マッチョになった人と
友人になりました。

その友人はトレーナーもやっていて
脱ガリガリのための
正しい食事や筋トレの知識を持っていました。

僕は藁にもすがる思いで
「本気で悩んでいるから教えて欲しい!」
と頼み込んでトレーニングを
見てもらうことになりました。

「全然ダメだ。
ガリガリが普通の人と
同じことやっても身体は
変わらない。」

 

とはっきり言われたのを
今でも覚えています笑


確かに今思うと
あの時の自分の認識では
絶対に体重を増やせなかったと思います。


当時の僕の生活は
朝から夕方までは大学にいて


夕方から深夜まで
週5くらいでバイトしていて
割と忙しくしていました。


大体このような生活を送っていました。

・寿司の配達のバイトやっていて
 よく動き回っている

・週末はお酒をよく飲んでいる

・ヘビーではないもののタバコも吸っていた


大体こんな感じでした。


お世辞にも体重を増やしていくのに
向いていたと言える生活では
ありませんでしたね…


この生活で食事などは適当で
通常1日2食で食べているものも
カップ麺やマクドナルドなどの
ファストフードも多めでした。


身体を変えようと思ってからは
朝食を食べるようにしたりと
少しづつ改善していきましたが
それでも増えない…


ここで友達の
アドバイスを聞いて
徐々に身体を変えるための
生活に変えていきました。


具体的に一番初めに行ったことは

① 隙間時間を見つけて間食を挟む


まずは「食べると言う習慣」をつけるために

食べるタイミングがあれば
すぐに何か食べるように

意識的にやっていました。

よくピーナッツなど
高カロリーで高タンパクなものを

常に持ち歩いて挟めるタイミングで
挟んでいました!


② 週2、3回 筋トレをする
 (自宅メインでたまにジム)


トレーニングのメニューも
友人に組んでもらいました。


それまではとりあえず
腕立て伏せ、腹筋やダンベルで
腕のトレーニングなどをできる回数で
限界までやるみたいな感じでやっていました。


それではダメだと言われて
効率よく身体を大きくするために
胸・背中・脚など大きな筋肉を中心
鍛え始めました。


回数や重さもアドバイス通りに
部位の筋肉の種類などを考慮して
設定してもらいました。

③ 吸収率を上げるために胃腸のケアをする


脱ガリガリマニュアルにも

載せていますが
脱ガリガリには
胃腸の状態がかなり大切です。


日頃の食事から
胃腸をケアするために
整腸効果の高い
発酵食品を取り入れる。


おすすめ発酵食品
→ キムチ、納豆、ヨーグルトなど


また過度のタバコ・飲酒は胃腸にとって
よくありません。

絶対にダメではありません。


当時はタバコ(1日6本程度)も
お酒も楽しんでいました。
現在はお酒だけ楽しんでいます。


それでも体重を増やし
身体を変えられたので
そこが大きな問題ではなく
日頃の食事の方が大切です!


④ 定食をイメージした食事
 (特に和食がおすすめ)

 

昨日も書きましたが
やはり食事のバランスも大切です。


意外かもしれませんが

和食が一番おすすめです!

身体を大きくしていく際に
ひたすらに肉などを食べるイメージが
強いかと思います。

しかし実は胃腸にも優しく
栄養バランスの取れたなどを
メインにした和食が
体重を増やすのにかなり効果的です。

 

正直、初めは半信半疑だった

 

色々友人に指示されて
少しづつ生活を改善していきましたが
正直あまり信じていませんでした。

自分は本当にガリガリ体質だし
何をやっても太れない。


「俺を変えられたらおまえ天才だぜ?」って

ドヤ顔でいってました。

まあ今回も変われないんだろうなって
正直、思ってました。

それがその友人の言う通りに
食事管理筋トレを行ってみたところ
2週間経った頃に
明確に変化が表れました!

これまで全く増えなかった体重が
たった2週間で2kg増えていました!

これには流石に驚きました…


それから2ヶ月続けた結果…!

 


体重は2ヶ月で8kg増えており

明らかに筋肉もついて
身体がデカくなっているのが
みてわかると思います!

筋トレは一緒にできなかったので
学校で口頭で教えてもらったり
動画を送ってみてもらったりしました。

これまでのように
無理していっぱい食べたわけではなく
しっかり太れない人向けの
吸収効率を考えた食事内容やタイミングの指導。

自分では一生気づけなかったであろう
トレーニングフォームの的確な指導

またセット数と回数の
設定のアドバイス

もらいました。

自分がここまで変われるとは
本気で思っていなかったので
友人には感謝しかありません。



それからも続けた結果…!

 

① 男女問わず「筋肉すごいね」と
  周りからちやほやされる
     ↓

② もっと頑張ろうと思う
     ↓  

③ 筋トレ楽しい
     ↓

④ もっと筋肉が増える
     ↓

⑤ ①に戻る

 



この最強のループに入りました。


ここから「自分はやればできる人間なんだ」
という圧倒的な
自信
手に入って
積極的に様々な物事に
取り組めるようになりました。

 

ここまでやってきた挑戦!

 


・大学在学中にアメリカの大学に一年間留学


・留学中アメリカ大陸を車で横断

(10日間でマイアミからカルフォルニアまで行きました笑)


・外国人の彼女ができる

(破局しましたのでこの写真は自粛で…笑)



・東証1部上場のメーカーで

 海外のメーカーとの交渉実務に携わる

 

・2年で会社を退職し、現在は独立し経営者に!


-フィットネス事業
(トレーナー、ウェブ運営、パーソナルジムの集客担当など) 


-カフェ経営 プロテインスムージーの販売 



-地域活性化活動

(地域のお祭りで筋肉体操しました笑)

 



・ベストボディというコンテストにも挑戦

 (決勝まで残るも敗退、来年は勝ちます)


とこのように

積極的に様々なことに
挑戦できるようになりました。

 



この時の僕だったら

自信がなさすぎて何一つ
できなかったと思います。

 

 

1人では絶対に変われなかった。

 

 

これまで様々なマッチョと一緒に
トレーニングしたりしてきましたが
1人きりで身体を変えた人を
見たことがありません。


少しだけ変わったと言う人は
確かにいます。


明らかに他人から見てわかるくらい

身体を変えている人は
全員どこかで誰かに教えて
もらっています。

 



僕もあの時1人で的外れなことを
ずっとやっていたら
筋トレを辞めて
今もずっとガリガリだったと思います。


何も変わらず
自分に自信を持てずに
周りの目を気にして
生きていたと思います。


身体を変えたことによって
人生が変わったと言っても
過言ではないと思います。

 

ガリガリの友人の身体も変わった!

 


大学生の頃

ガリガリで食べても太れなくて
悩んでいる友人がいて
筋肉もつけたいと言うので指導しました!

許可をもらったので
写真をあげます!

 


彼も2ヶ月で7kgの増量に成功し

細マッチョと
言われるようになりました!

昔のことで
あまりいい写真がありませんでしたが
胸板などくっきりしているのが
わかるかと思います!


大学の飲み会でことあるごとに
服を脱いで披露していました笑


やっぱりこの方法は
自分だけでなく
ガリガリに悩む人にとって
間違いなく効果のある方法なんだと確信しました。


この友人がある日、笑顔で
「本気でお前のおかげで人生楽しくなったよ」
と言ってくれたことが
すごく嬉しかったことを覚えています。


このような経験からも

自分と同じように痩せ型に悩んでいる人を
救いたいという想いはずっとありました。


そのため初めは会社員をやりながら
副業という形でしたが
Jason@脱ガリガリコーチという名前で
ガリガリ体型改善専門の
トレーナー活動を始めました!


ダイエットトレーナーはいっぱいいても
ガリガリ改善で正しい知識や
実績を持っている人は
ほとんどいません。


正直、精神的にご飯が食べられなくて

元ガリガリでどうすれば効率よく
体重を増やせるのか
また筋肉を
付けていけるのか?


僕ほど悩んだ人はいないと思います。


あなたも絶対に変われます!

 

現在、ガリガリ体型で
自分に自信を持てなかったとしても
絶対に変わっていけます。

このままずっと
そのままの身体で
自分に自信を持てずに
生きていきますか?


遺伝や体質のせいにして
諦めますか?


あの時やっておけばと

後悔しませんか?



脱ガリガリのための
正しいトレーニングを行えば
遺伝に関係なく絶対に
身体を変えていけます。



もし今日の記事を読んで
「自分も身体を変えたい!」と
少しでも思ったあなた!


僕に任せてください。
僕ならあなたを変えられます。

 



脱ガリガリして自信を持って
堂々と自分らしく
生きていきましょう!




今日の集中講座は以上になります!
少しでも参考になれば幸いです!




最後まで読んでいただき
ありがとうございました!



パーソナルレッスンも
3日目になりました!



毎日たくさんの方に参加いただき
みなさんが自分と向き合っていて
本当に素晴らしいなと思います。



僕もモチベーションを
頂いています!



ぜひ今日のパーソナルレッスンにも
参加ください!

 

次回予告

 


日々忙しいでも
どんどん身体を変えていく
方法

教えます!




仕事やプライベート
あなたは
色々忙しいと思います!



そんな中で
筋トレ、食事ばかりに
気を使ってられない…




お気持ちものすごくわかります。




でもやっぱり身体を変えて
自分に自信を持って
少しでも自分の人生を
いい方向に持っていきたいですよね?



明日のブログでは
そんな忙しい方でも
限られた時間で成果を出す方法
お教えします!



ぜひお楽しみに!

 

パーソナルレッスン:Day3



本日のパーソナルレッスンです!

今日も自分と向き合っていきましょう!

 


ー質問ー


あなたがこれまでで最も
自分の身体を変えたい
いや変えなければならないと
思った瞬間を教えて下さい!




僕は大学時代に
ガリガリすぎて周りにいじられ
気になっていた女性からも
「ガリガリで頼りない。」
と言われた時が最も強く変わりたいと思いました。




見た目も中身にも
自信のない自分を変えたい。




その一心でトレーニングを
やってきました!




あなたにもきっと
身体を変えたいと思う瞬間が
どこかにあったのではないでしょうか?




その時の気持ちを忘れずに
トレーニングに励めれば
絶対に身体を変えられます!



初心忘れるべからずですね!



その「変わりたい!」と思った瞬間を
思い出して僕に教えてください!

回答お待ちしております!

↓ ↓ ↓


 

 

今日も長い文章を最後まで読んでいただき
ありがとうございます!


あなたは確実に脱ガリガリして細マッチョに
なっていくための階段を
上がっていっています!


残りの特別講座も自分と向き合いながら
頑張っていきましょう!

脱ガリガリのための筋トレ・食トレブログ